卒業生の声:吉田 遼

英語資格や留学経験を活かして上智法に合格!

吉田 遼

基本情報

  • 進学先:上智大学国際関係法学科
  • 受験方式:公募推薦入試
  • 出身高校:都内私立高校

なぜ今の進学先を選んだんですか?

幼いころからなんとなく、政治家や、弁護士などの職業に憧れを持っていました。いざ受験を考える時期になり、高校在学中に留学した経験も相まって、上智大学の国際関係法学科を選びました。

なぜ公募推薦入試を受けようと思ったんですか?

僕の通っていた高校はほとんどの生徒がAOや推薦で進学する文化があり、入学したと同時に大学にはAOか推薦で行くつもりでした。

数ある塾の中でbeingを選んだ理由はなんですか?

政治活動をしている中で、ある尊敬していた友達に出会い、彼が通っている塾なら信頼できると考え入塾しました。他塾はそもそも検討していませんでした。

beingではどんな対策をしましたか?

志望理由書の対策や、コンピテンシーを鍛えるためにグループディスカッションをメインにしてもらいました。志望理由書の対策では、対面・オンライン問わず頻繁に添削をしてもらいました。一度だけ、泊りがけで添削をしてもらったことがあり、とても感謝しています。ディスカッションでは時事問題に合わせた様々なスタイルの議論をしました。

beingで何を得ることができましたか?

僕は論理的に文章を記述したり、構造的に物事を考えるのが苦手でしたが、beingの志望理由書添削を通して、そういったことが苦なくできるようになりました。議論の際にもつい感情的になり、的を射た発言ができなくなることがあったのですが、そういった点も改善されました。

今の夢はなんですか?

誰よりも輝ける人間になりたいです。

この記事を読んでいる方へ一言ください。

受験は確かに大変です。しかし、人生という大きな時間の中で見ると、小さなものです。頑張ってください。