合格者の声:M.T君

怠け者附属生だった僕が慶應に合格!【M.T君】

基本情報

  • 進学先:慶應義塾大学法学部政治学科
  • 受験方式:fit入試 A方式
  • 都内私立附属高校

なぜ今の進学先を選んだんですか?

慶應法学部政治学科はただ法律を学ぶだけでなく、人文・自然科学が必修授業として組み込まれており、他の法学部にはない唯一無二の学部だからです。また、教授の数が多いことや、少人数制の授業が多くあることも、私の志を達成する上で完璧な環境だと確信しました。

なぜAO入試を受けようと思ったんですか?

1年間の海外留学中にボランティアや部活などで様々なアクションを起こし、また日本に帰ってきてからもフィールドワークを様々な分野で行っていました。このような私の活動を評価していただけるのがAO入試だったので、一般ではなくAO入試受験を決めました。

数ある塾の中でbeingを選んだ理由はなんですか?

私はもともと都内の有名AO対策塾に2箇所通っていました。確かに慶應の合格者数はよかったですが、在籍者数が多いため、その面倒見の悪さに不信感を抱いていました。ですがbeingのことを知り、24時間Slackで講師にの質問ができたことや、面談を無制限にできたことで、安心して受験に臨める確信したのでbeingを選びました。

beingではどんな対策をしましたか?

高校2年生の3月から、志望理由書対策やポートフォリオ作成、小論文対策など、出願に関わる書類全般を講師に見てもらっていました。特に、志望理由書は無制限に無料で添削に出せたので、出願時には「これで落ちるわけがない」という自信で出願することができました。

beingで何を得ることができましたか?

beingでは、もちろん大学合格を達成できましたが、それよりも社会に対して関心を持ち、問題発見・解決能力を涵養できたことが、私の中での成長として大きかったです。塾に入る前までは自ら行動を起こして社会を変えようという姿勢をみせてきませんでしたが、beingに入り、周りの塾生が学生団体を立ち上げたり、イベントを主催している姿に刺激を受け、積極的に社会に対してアクションできるようになりました。

今の夢はなんですか?

私の今の夢は、少数派の声を汲み取る政治家になることです。メキシコ人の不法移民との出会いをきっかけに、私は日本のみならず、世界中の民主主義国家においてマイノリティーが息苦しい生活を余儀なくされていることに気づくことができました。大学に進学し、現代民主主義論や投票行動論を学び、政治家になる上での素養をつけていきたいと思っています。

この記事を読んでいる方へ一言ください。

伝えたいことは大きく2つあります。
第一に、AO入試はあなたを「学力」では判断しません。AO入試を通じてえた「社会に疑問を持ち、その解決策を考え、それを実行できる存在になること」はこれから、あなたが大人になった後にも重要になってくるスキルです。AO入試は大学合格のさらに先を見据えた素晴らしい入試なので、みなさんもぜひ挑戦してください。
第二に、大学に進学する前に「目的・ゴール」を持ってください。一般入試で大学進学する際に「周りがここを目指しているから」「偏差値的にここ」「滑り止めでこの大学」と言っている方をよくみますが、果たして本当にそれでいいのでしょうか?大学はあくまで研究機関であり、「なんとなく」行く場所では決してありません。その気持ちで大学進学しても、待っているのは「なんとなく周りが目指している企業に就職して、なんとなく周りが目指している生活を手に入れる」というつまらない人生です。せっかく大学に行くのであれば、何かしらの目標や夢を持って、「本当にあなたがやりたいことが達成できる学部・学科」を選択してください。

合格者の声:芦田大輝

偏差値50の一般受験信者からbeingで夢を見つけ、ビジネスに特化した大学の特待生に!【芦田大輝君】

芦田 大輝

基本情報

  • 進学先:情報経営イノベーション大学
  • 受験方式:AO入試
  • 出身高校:郁文館グローバル高等学校

なぜ今の進学先を選んだんですか?

元来私は名門大学を目指していたのですが、あるイベントに参加した際に、「起業」を軸としている大学の紹介を受けました。新鮮味を感じ、進学を決意しました。

なぜAO入試を受けようと思ったんですか?

私は元々一般入試に向けて、某塾で勉強をしていました。高校2年時に1年の留学をしていたこともあり、勉強にはハンデがありました。そこで今までの経験をフルで活かすことのできるao入試を選択しました。

数ある塾の中でbeingを選んだ理由はなんですか?

厳しい大学受験の中で、居場所を感じることが出来たからです。ストレス環境の中で、家族や友達とも上手くいかない中、beingは私に寄り添ってくれました。お陰様で、着々と準備を進めることが出来ました。

beingではどんな対策をしましたか?

当初はまだネームブランドだけで大学を判断していて、いわゆる早慶MARCHのAO・推薦対策を行ってもらいました。しかし、進学先である情報経営イノベーション大学を知り、起業という夢を抱いてからは、beingに在籍しているコンサルタント・起業家の講師の方々に営業・経営・マーケティングなどを教わるなどして起業支援をしていただき、在学中に起業することができました。

beingで何を得ることができましたか?

論理的思考を学びました。beingに入塾する前は、感情が先行していました。しかし入塾すると、何故そう思うのか、何故その結論なのかを問われ続けました。その結果、論理的思考が身につきました。

今の夢はなんですか?

企業のブランディングコンサルになりたいです。様々なことが変化する時代の中で、ブランドの再構築が繰り返されると考えています。私はそこに価値を見出し、手助けできたらと思います。

この記事を読んでいる方へ一言ください。

大学受験合格するためには、環境と何故が必要だと思います。私はbeingという環境を選択し、合格した大学に行く理由をひたすら固めました。たった1年、2年ですが、一度でも必死になってみてください。

合格者の声:佐々木悠翔

平均評定2.6だった僕がまさかの慶應SFCに合格!【佐々木悠翔君】

佐々木 悠翔

基本情報

  • 進学先:慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科
  • 受験方式:AO入試Ⅰ期A方式
  • 出身高校:東京都立日比谷高校

なぜ今の進学先を選んだんですか?

進学予定の慶應SFCは国内では稀有な場所だからです。例えばインターネットをメタファーにした研究・議論が行われており、またそこに集まる様々なパースペクティブを持った学友・教授のコミュニティは唯一無二の存在です。体系的な学問を修めるより、こちらの方がこれからの人生の糧となるものが多く見つかりそうな気がしました。

なぜAO入試を受けようと思ったんですか?

僕は一般入試でも早慶以上を目指すことができる偏差値的な学力は持っていたと自認しています。ただ、大学入試における定員厳格化等の影響で、確実に進学先を決めることに不安を感じました。そのため、「可能性を増やす」という観点からAO入試を受験しました。

数ある塾の中でbeingを選んだ理由はなんですか?

私はもともと一般入試とAO入試の併願を考えていたため、両立が可能かどうか、費用がリーズナブルかどうか、の2点を基準に塾を選んでいました。beingは、AOと一般両方の対策が可能で、費用も他塾に比べ低いですし、契約期間が短かったので、いいなと思いました。

beingではどんな対策をしましたか?

出願時に課せられていた2000字の志望理由書の添削を主にして頂きました。過去の合格した先輩方が書いた志望理由書を参考に自学自習をしました。コロコロ変わる研究テーマに悩まされつつも、その都度拙い言語表現を直していただきました。そのお陰で、「俺なら受かる」と自信を持って合格を待つことが出来ました。

beingで何を得ることができましたか?

受験に対する価値観が一変しました。高校受験の際は、先生から「教えてもらう」ことに重点が置かれていましたが、beingでは先生を「使う」、より主体的な学びを実践するうことが出来ました。24時間添削体制など、有意義に使わせていただき有り難かったです。

今の夢はなんですか?

誰かの夢になることができる人になりたいです。

この記事を読んでいる方へ一言ください。

塾は必ずしも使う必要はない。「塾がマンツーマンで対策してくれるから」という受動的な学びではなく、より能動的に主体的に受験を楽しんでください。自尊心を高く持って。

合格者の声:三浦真菜

赤点常連だった私がまさかの中央・立教に合格!

三浦 真菜

基本情報

  • 進学先:中央大学法学部国際企業関係法学科
  • 受験方式:英語能力運用入学試験
  • 出身高校:東京都立狛江高等学校

なぜ今の進学先を選んだんですか?

私が取り組みたいと思っているシェアリングサービスを通して有給資源の価値を見直すこと、「ダンスを通したコミュニケーション方法を広めること、どちらも法律の壁があったからです。学びたい分野を一つに絞るより、両方の夢に共通することを学びながら在学中に自分が熱意を持って取り組めるものは何か見極めたいと考えたからです。

なぜ英語能力運用入試を受けようと思ったんですか?

戦略的に受験しないと落ちると思ったからです。私は定期テストで2回に1回は必ず赤点を取るほど要領が悪い生徒でした。そこで、一般受験だけではなくAO入試も受ければ合格率が上がると思いAO入試を受験することにしました。その中でも特に倍率が低かったものが、英語能力運用入試だったので、見つけた瞬間にこれは受けたいと思いました。

数ある塾の中でbeingを選んだ理由はなんですか?

私は初め、他のAO塾に通っていたのですが、途中でbeingを知り、転塾しました。選んだ理由は大きく二つありました。一つ目は、面倒見がいいことです。「slack」というアプリを使った無制限オンライン指導があり、そこで志望理由書を提出すると講師の方がすぐに添削してくれたり、授業がない日に校舎に行っても面接の対策やメンタリングをしてもらえました。二つ目は、経験豊富な講師陣が揃っていたことです。私の指導をメインでしてくれていた先生は、志望校の中大法学部の方で、中大法学部はもちろん国公立などの難関大の合格者輩出経験があり、安心感のある、とても頼れる存在でした。

beingではどんな対策をしましたか?

一次試験の出願日までは、志望理由書の添削をオンライン、オフラインの両方で添削してもらいました。一次試験の合格発表がされた後は、二次試験に向けて、日本語・英語両方での面接対策をしてもらいました。また、beingは授業外指導として、活動支援が手厚く、受験用の書類以外にもコンテストなどのエントリーシートをみてもらいました。これまで通っていた塾では授業外でここまで手厚く面倒を見てくれたり、エントリーシートの添削をしてくれたりはしなかったので、とても助かりました。

beingで何を得ることができましたか?

これまで、私は論理的に物事を考えることが苦手で、わかりやすく話したり、書いたりすることができませんでした。beingでは無論論理的思考力の不足を指摘され、ロジックツリーという考え方を習い、基本的な論理的思考法を得ることができました。ロジックツリーを利用することで物事を分析し、原因や本質にたどり着くことができるようになりました。また、人に伝える際も、論理的に話を進められるようになりました。

今の夢はなんですか?

誰かをインスパイヤーできるような存在になりたいです。具体的な目標は、DJ向けシェアリングサービスを広めること、世界各地でwwoofingすること、人の心を動かすダンスができるようになることです。

この記事を読んでいる方へ一言ください。

自分の受験に一生懸命になれるのは自分自身だけです。塾や学校はあくまでもあなたが迷った時にガイドしてくれるツールです。AO入試を受けようと考えている方はまず自分の軸を見つけてツールを有効活用しながら目標を達成できるようになって欲しいです。