特徴・料金

AO・推薦塾の相場はとても高い。

塾名料金の特徴
A義塾月謝は50,000円~100,000円。
直前期になると、ひと月200,000円の取り放題パックを購入させられる。
YY月謝は100,000円~120,000円。
半年でしか購入することができないので初期費用は600,000円越え。
W塾月謝は80,000円~170,000円。
年間でしか購入ができないので初期費用は1,000,000円越え。

beingは、月謝を自分で決められる。

月謝の決め方

beingは、月額変動制を導入しており、月謝を生徒が決められる日本唯一の塾です。
コマの期限も一切ありませんので、ご家庭の経済状況に沿った料金で通うことができます。

基本プラン(まとめ買い)

高2以下向けスタートアップコース:32,000
高3・浪人向けスタートアップコース:64,000

スタートアップコースの消費目安は一ヶ月から二か月です。

※スタートアップコースとは?:
最初に受ける必須講座のお得なまとめ買いコースです。

ベーシックコース:144,000
受験生直前期コース:272,000

上記二つのコースの消費目安は三か月から四か月です。

※ベーシックコースとは?:
スタートアップコースを卒業した生徒が、次に受ける講座のお得なまとめ買いコースです。

※受験生直前期コースとは?:
受験期(高3・浪人)を迎えた生徒が、次に受けるべき講座のお得なまとめ買いコースです 。

具体例

早めの対策が合格率を上げる

高1・高2から通うのが当たり前

入塾期別の志望校合格率

AO・推薦対策は、数をこなせばいいというものではありません。通塾頻度を下げて、自身の活動を充実させる・考えを煮詰めることで自分の軸が固まります。よって、直前に詰め込むよりも、早いうちからゆっくりと対策をしていく方が、合格率が格段に高いです。

早く始めたほうが、コストが低くなる

AO入試・推薦入試の対策は、合格までかかるコストがだいたい決まっていると言われて
います。高3の直前期から始めても、今すぐ始めても、コストは変わりません。上述した
ように、ゆっくり対策をした方が、合格率は高いので、今すぐ対策を始めましょう。

受験対策以外の勉強も徹底指導

「定期テストや資格等を考えると、高校一年生や高校二年生の時期から受験対策を始める
のは難しい」という人も多いかと思います。beingのカリキュラムでは、そんな心配一切
する必要ありません。例えば、beingの高2以下の塾生はこんな風にして通っています。

もちろん、魅力は安さだけじゃない。

大手にも負けない魅力

高い合格率

それぞれに合わせた指導をすることで、開業以来、志望校合格率90%以上をキープしています。

優秀な講師陣

現役大学教員、公認資格所有者、起業家、大手塾講師など、キャリアのある人材が揃っています。

通いやすいアクセス

新宿駅から徒歩10分、初台駅から徒歩15秒、参宮橋駅から徒歩10分と、どこからでも通いやすい立地です。

beingだけの魅力

一般入試との両立

AO・推薦に絞ることに対して不安を覚える塾生のために、大手予備校現役講師による個別指導・集団指導を行っています。

自由に使える校舎

校舎は基本的に使い放題。自習、MTG、面談、休憩など、いつでも好きなことができるようになっています。

業界No.1の面倒見の良さ

それぞれの生徒に専属講師が付くので、身近な相談から学問的なことまで、聞きたいことをいつでも聞くことができます。

コンテスト・キャリア支援

入試対策だけでなく、インターンや就職のための指導、コンテスト等の受賞のための指導も行っており、多数の実績があります。