合格実績

2020年度志望校合格率

2020年度の志望校合格率(※1)は、業界1位の92%でした。我々は合格者「数」ではなく、合格「率」にこだわりを持っています。例え100人受かっていたとしても、その裏で1000人が残念な結果に終わってしまえば、その「100」という数字には意味がありません。あなたが行きたい大学に必ず行けるように、小人数制・パートナー制、オンライン添削フォーム・質問フォームなど、最適な環境が揃っています。

※1:第二志望校までの合格率です。

beingの合格実績開示方法

3ヶ月以上の在籍+受講時間30時間以上

AO業界における合格実績開示方法は非常にお粗末です。例えば、AO義塾は授業を1コマでも消費すれば合格者としてカウントしています。最大手の早稲田塾も、華々しい合格者数を謳っているものの、合格率は公開しておらず、直接聞いても一切教えてくれません。しかし、beingは全国学習塾協会が定める「合格実績に関する基準(※1)」に従って実績を公表しています。

※1:合格実績に含むことのできる塾生徒の範囲を「受験直前の6か月のうち、継続的に3か月以上在籍し、かつ受講時間数が30時間を超える」と規定

合格者の例

佐々木悠翔|慶應義塾大学総合政策学部 AO入試 Ⅰ期

beingで得られた成長

受験に対する価値観が一変しました。高校受験の際は、先生から「教えてもらう」ことに重点が置かれていましたが、beingでは先生を「使う」、より主体的な学びを実践するうことが出来ました。24時間添削体制など、有意義に使わせていただき有り難かったです。

三浦 真菜|中央大学法学部 英語能力運用試験 立教大学現代心理学部 自由選抜入試

beingで得られた成長

一番印象に残っているのは、論理的思考についてでした。論理的思考が苦手だった私は、ロジックツリーという考え方を習い、基本的な論理的思考法を得ることができました。ロジックツリーを利用することで物事を分析し、原因や本質にたどり着くことができるようになりました。

各大学の合格実績

慶應義塾大学 9名

早稲田大学 4名

上智大学 5名

東京理科大学 3名

国公立大学 7名

国際基督教大学 2名

MARCH 13名

お茶津田 7名