サービス

beingでは、全てのプランに共通して付属する「授業外サービス」があります。授業中の指導クオリティはもちろん、塾生全員に共通する基本サービスのクオリティも非常に高いです。総合型選抜入試対策においては、講座内で学んだことをいかにアウトプットして定着させ、実績として形に残せるかが要になります。beingではインプットしたものをすぐアウトプットするために、3つの授業外サービスを提供しています。

3つの授業外サービス

塾内サロン

専門性のある顧問や先輩が
あなたの課外活動を支援

塾内イベント

各界のスペシャリストが
あなたにキャリアを設計

オンライン教室

全スタッフがいつでも
あなたの相談に対応

塾内サロン

総合型選抜入試では、課外活動の一環として、実際にアクションを起こしているのかどうかが重要視されます。しかし、いきなり行動を起こすのは、あなたにとって難しい挑戦になるでしょう。そんな時、塾内サロンに入れば、専門知識を持った顧問の先生と、既にアクションを起こしている塾生たちが、あなたに課外活動のイロハを教えてくれま す。いわゆる学生団体よりも本格的で、どの部活も週一の定例MTGがあり、最低でも月に1回はイベントを開催し、常にPDCAサイクルを回しながらアクションしています。

塾内イベント

塾内部活が実践的なアクションを起こす支援をしているのに対して、塾内イベントでは、探究活動としてのフィールドワークを支援しています。総合型選抜入試で評価されるのは、実践的なフィールドワークだけではなく、探求として専門家にインタビューを行ったりなどの活動も評価されます。実際に合格者の書類を見てみると、教授などの有識者に取材したエピソードは必ずと言っていいほど出てきます。しかし、あなたにとってこれは簡単なことではないはずです。beingはそんな活動を後押しするべく、定期的に有識者をお招きして、イベントを開催しています。

オンライン教室

「塾生と講師はオンラインで繋がってはいけない」という のがこれまでの塾・予備校業界の鉄則でしたが、その壁は非合理的と言わざるを得ないものでした。beingでは、塾生と講師が連絡を取り合うのは勿論、塾生同士の横のつながりで情報交換を行ったり、オンライン上での相談・指導 を実現する「slack」を導入しています。困った時にいつでも、どこでも、好きな講師に相談できる環境を提供するだけでなく、総合型選抜入試には欠かせない書類の添削も無制限で行っています。