三木 康祐

講師紹介

表現者を輩出するフリーランサー

三木 康祐

都内私立大学 教員/横浜進学教室 コンサルタント

経歴

高校時代から家庭教師を経験。大学進学後、大手進学塾の小中学部に勤務。集団授業の講師を担当。汎用性・再現性の高い国語読解法を開発。生徒の国語偏差値UPに貢献。教育系YouTuberとしても活動。現代文や英語を中心に授業。総算1000本以上の授業動画を作成。2020年4月にフリーランスとして独立。6月にはコンサルティング業の合同会社を設立。現在は、個人塾の内部構造改革、コンサル共同体の運営などを手掛けながら、beingを含む5以上の契約先にて個別・集団・映像・オンライン授業を実施。TeachingとCoachingの融合したT-coachingを積極的に実践。

教育理念

価値観の多様化する世界。同じ価値観をもつ人は、誰一人としてここにいない。自分が正しいと言い張る。人とぶつかる、衝突する。価値観押し付けぶつけ合う。お互い一切譲歩しない。ただただ自分を守りたい。こだわり取れず、我が強い。議論は常に延長戦。揚げ足取り合い、怒鳴り合い。冷静さを欠いた言い合い。喧嘩と何が違うのか。誤解とすれ違いの連鎖。傷つけ合い、悪循環。距離はどんどん離れてく。支えはなく、ただ孤独。WINWINなんてありえない。世界に愛はないと悟る。――こうした世界観からの脱皮を図ります。伝える側には意図がある。メタメッセージの深い理解。文字通りには捉えない。捉えるのは相手の心。絶対の鉄則などない。遠い他人のメッセージ。そこに傾聴する姿勢。言葉に対峙してく姿勢。全力で人を知る姿勢。理解あっての自己主張。納得せずとも理解はできる。必要なのは思いやり。論破しない、つつかない。相手の気分を害さない。何かを言うにも譲歩から。ぶつかり合っても潰れない。表現力を磨き上げ、目の前の相手を笑顔に。優しさ・気遣い忘れない。世界は愛に溢れている。――こうした世界観へ案内し、皆さんの読解力を成熟させる。それが私にとっての誠実な理念です。

受験生へひとこと

読解力と表現力を根本から鍛え上げるのが私の仕事です。方法ではなく理念、鉄則ではなく考え方、やり方ではなくあり方(being)を教えます。型をもつ必要はありません。常に目的意識をもち、そこから逆算して考えてください。入試問題における課題文執筆者、出題教授と採点者、いずれも生身の人間です。一人一人の立場、価値観、意図を徹底的に考え抜き、淀みのないコミュニケーションを完成させていく。その能力は皆さんの人生をより豊かなものにしていくと信じています。ぜひ私の授業に一度参加してみてください。